トゥインクルスターのんのんじー

人類が、恒星間航法を火星で発掘してから40年。人類が宇宙で見たものは、いくつもの地球のコピーであった。地球をコピーした超文明の手がかりは、月に一度、数時間だけ宇宙の数カ所に現れるスターピースと呼ばれる地図の断片であった。時に西暦2264年、18歳の女考古学者ノンノンジーは宇宙の謎を明らかにすべく、スターピースを探し求める。しかし、スターピースを入手するには、スターピースによる様々な試練(冗談ともゲームとも言う)をクリアする必要があった。

登場人物

テー・ノンノンジー・P(パリン)
スターピースを収集している18歳の女考古学者。特殊能力として他人を自由に操れる百万ボルトの瞳をもつが、体力を使うので奥の手としている。この能力は、メガネをかけることが暗示になり、普段は押さえられている。かつては、この能力故に警察の超能力部隊ψフォースにいたが、能力を使うと体力を消耗するという弱点を克服できず、ドロップアウトした。火星人のブラウン家から航海士込みで宇宙船を譲り受けた。
カントン・一月・L(リリゲロメロ)
2等航海士兼機関士。ノンノンジーとともにスターピースを探索する。月出身であるため、ノンノンジーが肌を露出していることをだらしなく思っている。特殊能力として、他人を催眠状態にして操るヒュプノ・ボイスを持ち、普段は襟を締めることで押さえている。やはりψフォースからドロップアウトした。
エルロイ
アンドロイド。スターピース探索時は、ノンノンジーや一月と行動をともにする。融通のきかない面もある。
フィヨロヨ・ヨ・ハンセン・H(ハイマイリヤー)
コ・キャプテン。スターピース探索時は、宇宙船からノンノンジーのバックアップをしている。
リチャード・ブラウン
火星人。航海士。

エピソード

トゥインクルスター
のんのんじー
Voyage.1 スターピースは蜃気楼の遺跡に出現。しかし、遺跡に近づこうとしても距離は縮まらず、いつの間にか遺跡を通り越してしまう。
Voyage.2 スターピースは雪山に出現。しかし、スターピースから半径400m以内はエネルギーシールドにより、機械類は動作しない。そこにサールス人たちもスターピースを求めてやってきた。
Voyage.3 キッチンユニットが不調でデザートはプリンしかできない。そんな中、出現したスターピースは巨大なプリンの中。
Voyage.4 アレクサンドリア大図書館にスターピースが出現。さらにはサールス人もやって来て、図書館は大騒ぎ。
Voyage.5 ノンノンジーのことをだらしないという一月。ノンノンジーは何とかして彼に自分を魅力的だと言わせようとする。
Voyage.6 スターピースは塔の上に出現。しかし、この塔には下りのエスカレーターしかなかった。
Voyage.7 ノンノンジーの宇宙船は宇宙商人のイーガライ人と出会う。彼はノンノンジーにあれこれ売りつけようとするが…
Voyage.8 ノンノンジー、馬に乗ってなぜかドラゴン退治に出発する。
Voyage.9 ノンノンジー、確定申告に大騒ぎ。
Voyage.10 今回のスターピース出現予想地点は地下2000m。そんなわけでボーリング。
Voyage.11 スターピースを賭け、ノンノンジーはギャンブラーとポーカー勝負。
Voyage.12 ノンノンジー、風邪を引いて熱を出し寝込む。そんなときに限って、薬の合成器は故障。
Voyage.13 ノンノンジーが2人になってしまった。これもスターピースの試練のようであり、おそらくは一月が本物のノンノンジーを見分けることができればスターピースを入手できる様なのだが…。
Voyage.14 無人島に漂着したノンノンジーと一月。
トゥインクルスター
のんのんじーEX
Exstra
Voyage.1
スターピースを求めて、ノンノンジーたちはとあるコピーされた地球の海にやってくる。その時、海中から遺跡のある島が浮かび上がってきた。だが、スターピ-スを求めて、ウロボース人たちも島にやって来て、人海戦術でスターピースを探し始めた。
Exstra
Voyage.2
ノンノンジーに勝ち、スターピースを手に入れた三角人。それからしばらくして、ノンノンジーとは旧知の仲であるバリ・三色すみれ・A(アントン)がノンノンジーの宇宙船に乗せてもらいにやって来た。彼女の話だと、三角人が宇宙から忽然と姿を消したという。

ゲストキャラ

バリ・三色すみれ・A(アントン)
ノンノンジーや一月と同様、ψフォースのドロップアウト組。対超能力能力を持ち、ノンノンジーの眼力や、一月のヒュプノ・ボイスの影響を受けない。ただし、体力を消耗するらしい。
☆☆☆☆☆
(いつつぼし)
のんのんじー
今度のスターピースは迷路の中。入場料は1人20ポンド。迷路の壁を乗り越えたりするようなズルをすると、入り口に戻され再び迷路にはいるのにまた20ポンドの入場料を取られるのであった。さらに、スターピース狙いのライバル達もやってきて大騒ぎ。
(ちなみに、このエピソード、「よみきり♥もの」の一作としてコミックビームに掲載された。)
もどる
トップへ