よみきり♥もの

読み切り作品を連載してしまうという天をも恐れぬ企画。学園ラブコメが多いけど、時々ヘンな話も入る。

よみきり♥もの①
おんなじかんじW 美夏と真夏は双子の姉妹。なのに性格がちがうと思いきや…。
まぁ、最初はこれくらいかな、ってところでしょうか。でもいくら双子とはいえ、これはちょっと無理があるような…
まんほーるのあう いろんな物を踏んづける少女、水巻優子が今回踏んづけた物は…。
2回目にしてもう作者の本領発揮といったところです。
あっちの屋根
こっちの屋根
織島みつねは高いところに上りたがる女の子。
なんか読んでて結構爽やかな…ってこの程度ではこんな風に感じられてしまうのですね。
わらいの園 美人で頭もよく、運動もできて性格もいい完璧超人のような長谷川笑美子は…。
「天がくれた異常な笑い方」名言…かな?
ゆれる100万ボルト ぐるぐるメガネでボサボサ三つ編みの長浜忠子。でもなぜかモテモテ…なんで?
私、「そのスジのハート」の持ち主です。(ただし似合ってる女の子に限る)
みちのまんなかに岩 通学途中に道の真ん中に岩。
この作者にしてこの作品あり。
よみきり♥もの②
南海の季節 地熱発電所のある南海の火山島でのお話。
オチに脱力感。
にゃんこのうしろ 存在感希薄なぼーっとした少女、きみじま総子はネコを触りたがる少年と出会いました。
しかし「野生のにゃんこ」…。「野良猫」っていうぞ、普通は。
ねむりの午後 いつも眠たい、沢の木芝子と不眠症で昼間眠たい、栗本耕一。
必要な睡眠時間って個人差があるのですね。
たべる少女は
はしる少女
郡山かすみはよく食べ走り回る女の子。
ちっこくって、元気が有り余ってる女の子のパターン。
あっちのやね
こっちのやね
 「アップルパラダイス」三人娘登場。例によってオチはヘンだし。しかも「あっちの屋根 こっちの屋根」のパロディだし。
これをシリーズ化するなら、ちまりちゃん希望(あおばさんが主役になりそうだが)。
目も流れるみたいな 三道館スミレは気が強くて、負けず嫌いで…涙腺が弱い女の子。
「2001年宇宙の旅」のモノリスで泣くか?「2010」のクライマックスあたりならまだわかるんですが…
よみきり♥もの③
うさぎのお屋敷 狭いところに入りたがるちっこい女の子、鈴木宇さ美。
でも、掃除用具入れに入るか?普通。
おもいあし 箱崎みなとは通学途中に何故か足が重くなるのだが…
このオチを許せるかって?許せないようなら、竹本作品を読むのをやめた方がよいかと思うが…その前についてこれないか。
このネタなら「てきぱき」でもあったことだし。
遠くの呼び声 都重畑江は他人の耳掃除をするのが好きな少女なのだが…
さまよえる王様 青島城子は方向音痴のくせに近道だと考えて知らない道に入っていくし…
(登場人物のネーミングについて)お城のプラモデルを作ってるのは童友社では?アオシマのプラモデルは、それだけで1冊本が出てるけど、お城のプラモデルは載ってなかったし。(タミヤは…何冊だ?)他のプラモデルメーカーだとハセガワとかフジミとかバンダイが思い当たります。
ねこだまり ねこどなり  「にゃんこのうしろ」の続編かと思ったら、こっちの方が先でした。きみじま総子が飼い猫のタマの後をついていくと、そこには…。
まさか、本当に「ねこめ~わく」シリーズの前置きをネタに描くとは…竹本泉、恐るべし、と思ったら、どっちが先だ?(こっちらしい)やはり、この続きは「ねこめ~わく」の世界を目指すべきでしょう。(作品が描かれた時系列をきちんと把握しないと…)
ブックス パラダイス 学校の敷地のはずれにあり、一般の生徒がほとんど寄りつかない第2図書館。そこは…
「あっちのやね こっちのやね」と舞台が同じということは、ここは聖林檎楽園学園ですか。なら、何が起こっても不思議じゃありませんね。制服も5年ごとに変わることだし。
よみきり♥もの④
わきあがる想い 「虹色♪爆発娘♥」に続く超能力ものなんだけど…。しょーもなすぎる…。でも、言われてみると確かにそうなんですよね。
あなとかいろいろ ある日突然、校庭の真ん中に大きな穴が開いて…。
無理矢理変な話に持って行き損ねたような…
「頭の悪いまんがの読みすぎ」ってそのネタ全部アップルパラダイスにあります。
台風上陸少女 記憶の中では「あはははは」だけど、現実では気力とやる気のない少女、佐々木美鳥。いったいこのギャップはどこから?
筆者も台風が来るとわくわくするくちなんですが、ここまではちょっと…
どっちもどっちも どうでもいいことでも何でも決めつけたがる海寺まことと、どうでもいいことはどうでもいい冨士見みほり。
青汁に乾杯。
きくばらないな少女 えらく大雑把な佐東めぐ美。ここまで大雑把だとかえって可愛いけど…恋人やお嫁さんにしたくはないな。
たちくらみの味 高霧結布子は良く倒れる。というのは結構好き嫌いが多くて偏食だから。その原因は…
よみきり♥もの⑤
せきめんのすきま 寒いのが苦手で、沈着冷静で頭脳明晰だけど、ちょっとしたことで混乱しまくる少女、羽柴臣子。
そらのすみ 梅島みのりは、よく真剣な表情で急に空を見る。って、オチはこれかい。それから、細かい部分でオタチェック?
ことりのす 前日まで三つ編みだった森山巴美が髪を切ってきたら頭が鳥の巣のように…。これも時々描きたくなると言う頭をくしゃくしゃにする漫画かな。
くちをひらけば 涼木奈子は大岡くんが失敗すると、ばかばか言う口の悪い少女。あれって、某忍者物の特撮からですかね?
ブックスパラダイス vol.3 第2図書館に散らばっている本を整理すると、突風が吹いたり、カラスが乱入したりで本がまた散らかる。挙げ句の果てには…
もらいものに笑顔 神田森くんはなぜか、鳩島雛子に自分のお弁当のおかずを食べさせたがる…
よみきり♥もの⑥
かける4 転校生塩見なかのは、奈賀野はるみにそっくり。さらに、なかのにははじめとあとみという三つ子の姉妹がいるので、同じ顔が4人になった。その4人が集団で大混乱。
太陽から45センチ 姫山琴子は暑いのが苦手。あんまり暑くなさそうな中澤上斗がうらやましい。(タイトルの45センチというのは、この2人の身長の差)
ふやけるお年頃 浜 美絵(はま よしえ)はお風呂が大好き。朝に入り、夜にも入る。そんなある日、お風呂が故障して美絵は銭湯に行く。
りんごのひみつ 明治梅は地面にリンゴが置いてあるのを見つける。そして、それが気になり出す。例によって聖林檎楽園学園を舞台とするお話。
ぼんよりの連続 桐島小島はぼよーんでほにゃーんでぐにゃーなお年頃。
生徒会と奇妙な音 最近、学校で奇妙な音がする。生徒会副会長の端倉れんげ草は、これを幽霊と「推理」するが…
よみきり♥もの⑦
雪ふれば 歌田之子は冬が好き。雪が好き。大雪で、学校が半ドンになっても雪だるまを作るくらい雪が好き。
地の底から小生 志馬村久詩は小さな体で声が低い女の子。一人称は「小生」で、時代がかった話し方。放送委員でお昼休みの放送は女子に人気。
発熱の方角 遅刻しそうになって教室に駆け込む谷山織子、熱っぽいと言われたが、37℃が平熱。大瀬くん、彼女と一緒の電車になるが、織子の体温が高いのであつい。
天までとど… 左崎雪子、高校生になっても発育が止まらず、身長181.4cm。おまけに夜中に体がばきばきいう。
しとしとのつゆ 梅雨で毎日毎日雨続き。それでお肌しとしとになった森原あ弓は雨が大好きでうれしい。一方で塚戸くんは梅雨が嫌いでお空に向かって「ばかやろー」。
目がさめたら朝 水森すみれ、寝起きが悪いので、人相も悪い。暑くて寝られないのだ。席が隣の深津彬はそれを何とかしようと…
よみきり♥もの⑧
楽でない人生 言い訳する少女、塩周友紀乃。
たつはしら 学園内に立つ謎の柱。
神秘の秘密 何考えてるんだかわからない少女、神奈島智秋
夢見る記憶 夢を見てるらしいけど全然憶えていない三笠原茉莉子。
コゲたトンネル事件 缶崎探偵事務所への依頼は、トンネルの途中に居座る奴をなんとかすること。
空飛ぶ郵便娘 火星で宇宙船に乗り郵便配達をするフエルト・春眠姫・B(ボタコタ)は14才。
よみきり♥もの⑨
そこにあるゆきだるま 雪の朝、由貴子の家の前に雪だるま。登校途中にも雪だるま。
なみだのむこうに
河川敷ひろなり
生まれつき目つきが悪い男子。妹がいる。厚生委員。
千川ちとせ
重度の花粉症娘。厚生委員。
ブックスバラダイスVol.4 鍵が壊れて半開きの天窓から雨が降り込んで、本がびしょ濡れ。う子が本を乾かすためにアイロンをかけていると、謎の紳士がやってきた。
衝突コースの少女
渋沢栄美
走ってきては体当たりをかます少女。
岸田くん
栄美の体当たりの被害者。
大久保先生
男性のおなかが好きな眼鏡美人教師。
眠る一等地 伊原くんの日当たりのいい昼寝場所が、繁美に取られた。
霧は深いし 霧の中、巨大少女が現れた。
よみきり♥もの⑩
不可抗力放射線
奈中菜々子
どうにも逆らいがたい笑顔の持ち主。でも、髪はボサボサ、服はシワシワ
石尾等志
菜々子の笑顔に逆らえないクラスメート
轟さちこ
菜々子のクラスメート
ゆきだるまやってきた 明治梅ちゃんのシリーズ。
夏休みだというのに、路上に溶けかけた雪だるまが。その後、毎日溶けかけた雪だるま出現。見つかった場所もだんだん学園に近づいているのであった。
星降るふるふるる 台風が過ぎると満天の星空。来多川むつみは天の川を見る。
それをきっかけに、矢島のりゆきや田中ゆうことUFOの話になる。
うてばひびくのはともかく 頭で考えずに、言葉だけに反応して会話をしているような少女、葛飾ふじみ。
びっくり顔が 神奈真子はクラスメイトの木村陶子や清水原高志によく騙される。あまつさえ、先生にも騙される。
それは騙されたと知った真子の顔が可愛いから。
ゆきのわたり 全国的に大雪、豪雪ということなのに、野澤ちひろの住んでいるところでは雪が降らない。ちひろがせっかく大きくて軽い雪かき用スコップを買ったというのに雪が降らない。
もどる
トップへ