世の中なまほう

booksDiscription

魔法使いなきっかけ

魔法使いはねぼけてる

魔法少女はウィンク

discription

登場人物

雁草 深太(かりがねそう しんた)
このシリーズの主人公。540匹中1匹というお使い(使い魔)の素養を持った子猫シャルペロを拾ったことから魔法の勉強を始める。
茗荷谷 ひばり(みょうがだに ひばり)
深太のクラスメート。親に習わされたため、魔法検定4級を持っている。
きいちご あおば
きいちご魔法店を経営している美人の未亡人で、ちまりの母親。魔法のレベルはクレセント・ムーンである。
きいちご ちまり
あおばの娘。「ちまりまわるつ」では主人公だったが、このシリーズでは出番も多くなく、高校生になり魔検も3級になった。最初、深太に年下に見られた。
シャルペロ
深太が拾った(拾わされた?)子猫で足の先と尻尾の先が白い黒猫。お使いの素養を持っているが態度は大きい。名前の由来は「長靴を履いた猫」の作者シャルル・ペローから。
partContent

世の中なバランス

世の中な圧力

ある日のザイモクのーと

discription

登場人物

吉沢 善美
このシリーズの主人公。彼女の一家が丘の上の家に引っ越してきたことから、この物語は始まる。
海道さん
善美のお隣さん。大学院生で、善美の大家の息子。
ザイモク
善美の飼っている犬。名前の由来は材木屋の前で拾われたから。
吉沢 望美
善美の姉。
partContent

夜明けのゴースト

discription

登場人物

トリネリン
火星のドーム都市に勤務している女性。中世地球都市展をまかされる。
ヤーシュ
トリネリンの同僚。
ハンス
流行り病で死んでから何百年も幽霊をしている。見える人と見えない人がいる。
partContent

ストーリー

魔法使いなきっかけ ある雨上がり、深太はびしょぬれの仔猫と出会う。通りがかった女性に、「この猫はお使いの素養があるみたいよ」と言われ、なし崩し的に飼うことになってしまう。そして深太は魔法の勉強を始め、きいちご魔法店に顔を出すようになる。
世の中なバランス 善美達は、丘の上の海道さんの隣の一軒家に引っ越してくる。海道の家には温室があるが、彼は何か隠しているらしい。そんなある夜、善美は部屋で光るものがふわふわ飛んでいるのを見る。それから、福引きでお米があたったり、半年前になくした鞄が見つかったり、懸賞でビデオカメラが当たるなど幸運な出来事が起こるようになる。
魔法使いはねぼけてる シャルペロは態度が大きくなり、深太はシャルペロに使わされているかのよう。一方で、クラスメートに「いつになったらホーキで飛べるようになるんだい」とからかわれる始末。
しかし、あおばは魔法で空を飛べるという(時々落ちるそうだが)。かくして、あおばの魔法で深太はひばりと一緒に箒で空を飛ぶことになる。
夜明けのゴースト 2217年、火星のドーム都市。中世地球都市展のために博物館から運び込まれた中世の遺物に幽霊のハンスが憑いていた。初めて任されたイベントだけに、何とか成功させたいトリネリンは、なんとかハンスを払おうとする。
世の中な圧力 夏、余所の家々で水を使っていると、水圧がたりず、丘の上にある善美の家では水道水が出なくなって、海道さんちの井戸を使わせてもらったり、海道さんがバテて善美の家でご飯を食べたり…。そんな残暑。
あるひのザイモクのーと おまけの4コマ漫画。
魔法少女はウィンク ひばりは最近機嫌が悪い。実は深太に気があるのだが、その深太はきいちご魔法店の親娘の方を見ている。そんなひばりに、あおばは恋のおまじないのお茶を勧めるのであった。
もどる
トップへ